• 軽自動車のメリットとデメリット

    新車の販売台数のおよそ40%が軽自動車で、多くの人が乗っています。

    軽自動車にはいくつものメリットがあるためです。
    まず、燃費が良いことです。車種によって多少の違いがありますが、基本的に車体が小さいと排気量が少なくなり、低燃費が実現します。


    また普通車と比べると、保険料が安いです。
    自賠責保険は普通車より1000円〜2000円、任意保険では月2000円〜4000円安いです。

    駐車場の認定についての総合情報ポータルサイトです。

    特に任意保険に関しては、1年間で比較すると、数万円単位で費用を抑えることができます。

    同様に自動車取得税や重量税などの税金も安いです。


    そして、登録手続きが簡単です。

    車証明書や印鑑証明が必要ないため、始めて車を購入する人も安心できます。さらに車体の小ささは、運転のしやすさにつながります。
    小回りがきくため、細い道を通るときもスムーズに運転できます。


    狭い駐車場や小さなガレージでも、車を傷付けるリスクが軽減されます。
    一方で、軽自動車にはデメリットもあります。



    まず、ボディの薄さです。

    大きさに決まりがあり、その範囲内で快適な室内空間を実現させるためには、ボディを薄くするしかありません。

    事故が発生したときに、ボディの薄い軽自動車は大破する恐れがあります。
    また、パワーが劣っています。


    エンジンが660ccなので、1000cc以上の普通車よりスピーディーな走りを楽しめません。


    さらに、車体に乗れる定員が4人までで、5人以上乗せると罰則を受けます。



  • 学ぼう駐車場の認定の事

    • トヨタ自動車は、故障が少なく信頼性が高いです。特にヴィッツやカローラシリーズなど生産台数の多い車種の故障が少ないです。...

  • 駐車場の認定のサポート情報

    • 環境に優しい次世代型車両として、ハイブリッド自動車は世界的に生産されています。しかし、それぞれの国が課題を抱えています。...

  • 知りたい自走式駐車場事情

    • 自動車にはエンジンの位置と駆動方式によって、FF、FR、MR、4WDなどのタイプにわけることができます。最も多いのはFFで、これはフロントにエンジンを搭載し、前輪駆動で走る自動車のことをいいます。...

  • 自走式駐車場コラム

    • 白金やリチウムなどの希少金属が希少と言われる理由は、埋蔵量が少ないのでは無く、精錬技術の開発や精錬プラントの建設費用などのコストがかかる事や各希少金属の8割〜9割の産出量を2カ国ないし3カ国で占めている為に非常に高価な資源である事です。日本では、以前の中国の希少金属輸出量規制による自動車業界に対する悪影響を最小限するべく、希少金属代替材料開発プロジェクトが設立され、輸入先も複数の国に分散し、国内の備蓄量も増やされています。...